中学校

グローバルコース

「はつりつ」の英語教育プログラム
現代社会で生き抜く力を育む取り組み

「はつりつ」の英語教育プログラム

「はつりつ」では、世界に関する知識や異文化理解力の向上を目的とした英語教育プログラムを実施。
このプログラムでは、学習した英語を実際に活用してコミュニケーション能力を高めます。

着実に段階を踏みながら語学力とグローバルな視野を養う

中学3年間で着実にステップを踏みながら英語を学習。マスターした英語を実際に使って、"通じる喜び"を体験します。併せて、世界に関する知識や異文化理解力を深めることも重要なポイント。少人数グループで行うネイティブ教員による授業や留学生との交流を通じて、異文化への興味・関心を呼び起こします。
また、2週間程度の海外研修を実施。ホームステイ研修で"生きた英語"を聞いて話すことを体験し、将来のグローバルな活躍を見据えた学びを展開します。

「はつりつ」の英語プログラムの4STEPS

STEP1 1年次 英語に慣れ親しみ 興味・関心を高める

イングリッシュ・イマージョンキャンプ1

英語漬けの2日間を送ることで、異文化および英語そのものへの興味・関心を呼び起こします。7〜8名の生徒に1人のネイティブ教員が付き、グループワークを実施。2日目には、各グループで発表を行います。このキャンプで感じた「英語をもっと話せるようになりたい!」という気持ちが、その後の英語学習への意欲を高めます。

STEP2 2年次 コミュニケーションを図るため英語を活用する

イングリッシュ・イマージョンキャンプ2

立命館アジア太平洋大学(APU)の国際学生との共同作業を通して、多文化理解を深めます。「異文化を超えた相互理解のために必要なこととは?」をテーマにディスカッションし、最終日にはグループごとに英語での発表も行います。国際学生の高い志に触れることで、英語学習への意欲がさらに高まり、国際的な視野も広がります。

STEP3 3年次 自国の文化を理解し英語で発信する

イングリッシュ・イマージョンキャンプ3

イングリッシュプログラムの集大成となる海外研修の事前学習として実施。立命館アジア太平洋大学(APU)の国際学生から見た日本文化の視点を参考に、海外研修時に行う日本文化発表の資料を作成し、自国文化についての理解を深めます。意思疎通がうまく図れない中で成し遂げた時の達成感が、世界に羽ばたく自信になります。

1〜3年次:英語力を高める取り組み

ネイティブ授業

ネイティブ教員の主導で、すべて英語で授業が進行します。「音声重視」の授業を展開し、英検やGTECなどの受験をバックアップ。常にup-to-dateな英語に触れる指導を行っています。

オンライン英会話

2017年度より導入した、新しい英語教育の取り組み。習得した英語を発信する機会をさらに増やすため、オンラインを通じてネイティブ教員と英語でコミュニケーションを図ります。


FINAL STEP3年次 3年間のプログラムの集大成本場で英語を実践する

カナダ研修

3年間の集大成となるプログラム。1人1家庭にホームステイし、現地中学生との交流を中心とした英語研修を行います。異文化に触れ、主体的にプログラムに参加することで、人間的に大きく成長できます。また、"生きた英語"を感じることで、英語学習へのモチベーションがさらに向上します。

OPTION PROGRAM

さらに英語や異文化に触れるため本場で"体験型"研修を

ニュージーランド研修(希望者のみ)

海外での生活体験、英語でのコミュニケーションを学ぶプログラムとして実施。現地のインターナショナルスクールに通い、現地の生徒とともに授業を受けるだけでなく、自然を体験できるアクティビティやマオリ文化交流なども予定しています。


STUDENT'S VOICE

「自分からアクションを起こす積極性が大事です」

この研修を通じて、もっとも印象的だったのが交流授業です。現地の学校でみんなと一緒にスポーツを楽しんだり、お互いの文化を教え合う中で、英語力だけでなく、自分から輪に溶け込む積極性も身につきました。人間的にも成長できるプログラムだと思います。

セレクト・アカデメイアコース 3年生
田中 義秀さん
堺市立白鷺小学校 卒業



トップへもどる
Copyright (C) Hatsushiba Ritsumeikan Junior & Senior High School All rights reserved.