校長ブログ

2018年4月23日(月)

 21日(土)、中3は奉仕活動を行いました。奉仕活動への積極的参加は、地域に貢献し、個人や団体が支え合う新たな「公共」(因みに、次期学習指導要領における高校の新科目の仮称になっています)を創り出す意欲を高めると同時に"開かれた学校づくり"に資することをねらいとしています。中3の4クラスで共通の校外分担区域が滝谷不動駅、河内長野駅、金剛駅です。全員が校外に行くわけではなく、体育館ギャラリー、中学下足室、書道教室、美術・技術教室、音楽室といった校内分担区域もあり、うまく人数配分されています。当日は3限終了後、12:00までに終礼を終わらせ、清掃道具をバスの積み込み、駅前ロータリーで降車。先生の監督の下、20分程清掃をして、清掃道具とゴミを集め、バスに積み、荷物を返却して解散という手順です。学校としても中高生の地域貢献活動を促し、地域社会の一員としての自覚と関心を高めていきたいと思います。

IMG_2307.JPG IMG_2302.JPG

 高3は駿台予備学校の担当者をお招きして、3~4限はホールにて生徒、午後14時30分からはラブリーホールにて保護者を対象に『志望校合格に向けて』というテーマで進学講演会を行いました。冒頭の校長挨拶で、生徒一人ひとりの夢の実現、即ち、第一志望決定率100%に向けて"チーム初富"で取り組んでいくことをお約束しました。次に、初富生に望むのは、大学はあくまで通過点であり、大切なのは、そこで自分が一番興味・関心のある分野の見識を深め、専門性を身につけると同時に、将来、社会の役に立てる人間力を磨くことだと申し述べました。そして、東大の推薦入試や京大の特色入試、有名私大入試の厳格化、理高文低から文高理低への変容といった近年の入試情報を十分に得た上で受験準備に取り組むようお願いしました。進学講演会では、大学の現状、難関大・国公立大を目指す価値、センター試験、合否を分けるポイント、学習例、模試の活用法、第一志望に受かる生徒と受からない生徒、現役合格に向けて等、有益なコメントをいただきました。今後、進路指導部や新設の研究開発部を中心に大学入試改革に伴う情報提供をより活発化させていきたいと思います。

IMG_0270.JPG

トップへもどる
学校法人  大阪初芝学園 初芝富田林中学校・高等学校
〒584-0058 大阪府富田林市彼方1801番地  [TEL] 0721-34-1010 [FAX] 0721-34-1090

Copyright (C) Hatsushiba Tondabayashi Junior & Senior High School All rights reserved.