インフォメーション

校長ブログ

2018年05月14日(月) 防災訓練、全校集会(中学)、学級懇談会

 11日、防災訓練が行われました。当日、私は校務出張でしたが、教頭先生の報告によれば、避難開始から点呼完了まで8分30秒、グラウンド集合点呼も良好、消防の方からはたいへん喜ばしい総評を頂いたとのことでした。また、他の教職員からも例年と比べて生徒は皆、訓練の趣旨を踏まえて的確に行動しており、とてもよくやっていましたとの声が多く聞かれました。嬉しい限りです。"備えあれば憂いなし"を合言葉に、避難中の私語、教室の戸締り、トイレの確認などの必須事項も確認しながら"安心・安全"の徹底を図っていきたいと思います。

IMG_7560.JPG IMG_7550.JPG

 12日には中学の全校集会(5月11日の校長ブログ参照)、午後から学級懇談会・保護者総会が開かれました。スケジュールは、13時30分から学級懇談会、14時40分から保護者総会、進路指導部による講演「今春の大学進学状況について」という流れです。

 学級懇談会では、担任とのコミュニケーションを深めていただけたようです。保護者総会においては、事業報告、事業計画等、綿密な準備をしていただき、厚く御礼申し上げます。旧役員の方々には感謝状を贈呈させていただきました。これまでのご尽力、本当にありがとうございました。新役員の方々をはじめとする保護者の皆様、引き続き、よろしくお願いします。

DSC02053.JPG DSC02033.JPG

DSC02045.JPG DSC02047.JPG

 現在、「社会に開かれた学校づくり」が求められています。日本におけるPTA(Parent-Teacher Association、PTAに地域社会[Community]を加えてPTCAと称するところもあります)は、学校と家庭が相互理解に努め、地域における教育環境の改善・充実等を図るために組織されたものですが、そのルーツは、1897年、アメリカ合衆国で2人の女性による自発的な結成でした。

 日本では、近代的学校制度が導入された明治時代、学校の経費は、住民の負担で賄われていました。その後、町村費の負担とされましたが、必ずしも潤沢とは言えない学校運営の負担軽減に向けて、保護者や住民によって、学校を支援する任意団体が結成され、それが「保護者会」「講演会」「母の会」と呼ばれるようになったのです。

 本校においても保護者会とともに、相互理解・相互支援を一層深め、より協働することによって、学校の"宝"である生徒一人ひとりの健やかな成長に資する教育が提供できるよう精進努力して参ります。

トップへもどる
学校法人 大阪初芝学園 初芝富田林中学校・高等学校
〒584-0058 
大阪府富田林市彼方1801番地 
[TEL] 0721-34-1010 [FAX] 0721-34-1090

Copyright (C) Hatsushiba Tondabayashi Junior & Senior High School All rights reserved.