インフォメーション

校長ブログ

2018年05月16日(水) 大学入試:京都大学(前期)の英語

 入試問題は、その大学がどのような生徒を採りたいかを示すメッセージとも言えます。現在、大学入試といえば、2020年から導入される「大学入学共通テスト」や民間テストの制度設計に世間の関心が向けられています。しかし、私は、それ以上に、毎年、できうる限り多くの入試問題に目を通し、出題傾向を分析するだけでなく、各大学の入試問題がどのように変容しているか把握し、"チーム学校"として、より精度の高いティーチング・メソッドを開発したいと考えています。

 2018年の京都大学(前期)の英語を例にすれば、大問は全部で4題、大問1は論説文読解で、テーマは「人助けの姿勢」、大問2も論説文で、テーマは「地球近傍天体の探査」でした。大問3は和文英訳の補充と全文英訳で、テーマは「外国人に和食の味がわかるのか」、大問4は空欄補充の自由英作文で、テーマは「レポートの書き方に関する教師と生徒の対話」でした。

 内容的には、大問1は、"従来型"とも言える下線部の具体説明、英文和訳、空所補充、大問2も同様の具体説明、英文和訳(2題)です。大問3は、和文英訳の一部を補い、全文を英訳するという新しい形式で、文脈を理解した上で、整合性がある英文が書けるかどうかがポイント。大問4は、前年同様、対話文中の空欄を補充する形式でしたが、以前の東京大学のような対話文完成型の自由英作文になっています。補充する部分も含めて分量は増加したものの、英語で表現すべき部分は生徒の発言であることを踏まえれば平易な英語でアプローチできるはずです。全体的な難易度は前年並、大きな変化は見られませんが、読解では前後の文脈から推測する力が求められ、英作文では、平易な英語で書く習慣と添削指導が不可欠というのが実感です。

 指導のあり方としては、読解では、論説文における結束性(Cohesion:文のつながり)からキーワードの具体説明や因果関係をおさえつつ、類推する力を養う演習をすること、英作文では、出題者がどのようなことを記述させようとしているか把握し、平易な英語で表現する練習を繰り返し、積極的な添削指導をすることが想定されますが、英文の素材や語法も含めてメディア英語、特に、英字新聞も不可欠な言語材料になると再確認した次第です。

 大問1の英文和訳でAll of which is〜 ,which is why SV...という記述がありました。All of whichは、関係代名詞の独立節と言われるもので、学校文法では関係代名詞の非制限的用法として、通例、... , all of which is~とされるところです。また、... , which is why SV...は、意味上、<因果関係>を形成し、whichが先行詞となる前文内容に照応し「原因」、why SV...が「結果」を表します。学校文法では、That is why SV...の形で教えることが多く、生徒にはあまり馴染みのない表現ですが、メディア英語には頻繁に登場します。

(平井、『駿台フォーラム22号』駿台教育研究所、2004、同『真のレーゾンデートルを求めて 私学英語教育における研究と実践-平井正朗・論文集』京都府私立中学高等学校連合会外国語教育研究会、2012)


 学校英文法については、"文法のための文法"の授業にならないよう配慮することは言うまでもありませんが、英字新聞をはじめとするメディア英語に親しむことで、トピックの背景知識を強化するのと同時に、学校であまり触れられることがない語法でも既習の知識から類推するトレーニングを積むことは将来の原書講読の一助になるのではないでしょうか。

 以下に、受験対策も併用し、メディア・リテラシーの基礎力を身につける英語指導事例のフローチャートを紹介します。

(平井、「論理的思考力を高める英語指導試案-"受験英語"と"発信型英語教育"の融合」『STEP英語情報7・8月号』日本英語検定協会、2008)

 

(写真クリックで拡大されます。)

20180516_Fig.jpg

トップへもどる
学校法人 大阪初芝学園 初芝富田林中学校・高等学校
〒584-0058 
大阪府富田林市彼方1801番地 
[TEL] 0721-34-1010 [FAX] 0721-34-1090

Copyright (C) Hatsushiba Tondabayashi Junior & Senior High School All rights reserved.