校長ブログ

2018年6月1日(金) 探究学習、公開授業、知人紹介

 「研究開発部通信vol 7」にて、『探究総合』(高1)で初めて行われたプレゼンテーションの様子が取材されています。テーマは「初富を日本一有名にするには」であり、生徒募集戦略の参考にしたくなるような内容でした。高校生の発想はユニークであり、「AI(ロボット)が授業をする」「スクールアイドルを結成して売り出す」「山を切り開いてレジャーランドを併設する」など、時代を映す鏡となるようなものもありました。発表者同士の掛け合い、グループで討議しながらのコメント作成など、かなり"アクティブ"な展開になっています。皆、企画のまとめ方、プレゼンテーション、リスナーとしての心構えなどはマスターした様子。今後、アカデミックなアプローチにまで発展してほしいと思います。

研究開発部通信07-1.jpg研究開発部通信08-1.jpg研究開発部通信08-2.jpg研究開発部通信08-3.jpg

 先生方も頑張っています。学園の新任研修で教師としてのノウハウを学び、レポートを書き、振り返りをされる方、「教育・入試改革に向けたこれからの学校教育を考える会」(ベネッセ)に参加され、変化する大学入試、英語4技能検定試験、他校の実践例を研究される方、「教育研究セミナー」(駿台予備学校)や「授業法研究ワンデイセミナー」(代々木ゼミナール)等に参加し、教科教育法をブラッシュ・アップされる方等、積極的なチャレンジが見られます。OJTとOff-JTのバランスのとれた研修成果が生徒一人ひとりの″伸びの実感″につながることを期待しています。授業に反映されますので傾聴しておいてください。

 5月30日、書道に造詣が深いK先生が来校され、直筆の書を御恵贈いただきました。私の前任校で教頭を務められた方で、学校改革を推進するにあたって献身的に支えていただきました。今年の3月末に定年退職を迎えられ、現在、講師として週数日、授業をするのが楽しみだそうです。

DSC02139.JPG DSC02142.JPG

DSC02146.JPG 学校のさらなる発展を祈念しております。

トップへもどる
学校法人  大阪初芝学園 初芝富田林中学校・高等学校
〒584-0058 大阪府富田林市彼方1801番地  [TEL] 0721-34-1010 [FAX] 0721-34-1090

Copyright (C) Hatsushiba Tondabayashi Junior & Senior High School All rights reserved.