インフォメーション

校長ブログ

2018年06月09日(土) カリキュラム・マネジメント:分権型リーダーシップ -入試部-

 カリキュラム・マネジメントの第4弾は入試部です。学校の″入口″を担当しているとも言える同部は、どのような目的をもって本校が教育活動を行い、どのような人材を育成しているか広報し、生徒募集につなげる実務を担ってくれています。今年から入試部を事務局に統合し、教員と職員が協働しながら業務を進める体制に編成、校長直轄としています。

DSC02172.JPG  情報発信の仕方は、客観的な情報をメディアに取り上げてもらうパブリシティから新規性、話題性、独創性を考慮した学校案内、HP、PR誌、広告といった発行物、オープンスクール、説明会、相談会といったイベントまで多岐にわたります。配信する対象は生徒、保護者、小中学校、学習塾等です。

 毎年、中学入試は1月、高校入試は2月に実施されますが、入試が終わった日から翌年の入試が始まっていると言われます。入試広報戦略は、ステークホルダー(利害関係者)に対して、第1段階を学校に対する興味・関心を喚起する「認知」、第2段階を関係者との信頼関係を構築する「信頼」、第3段階を運営方針・成果について説得し、学校に対して愛着をもっていただく「説得」、第4段階を運営における意思決定や教育活動への助言、あるいはコラボレーションできる「協働」と位置づけ、生徒募集を担当する教職員がステップアップできるような仕組みづくりをしています。

 これまで述べてきた分権型リーダーシップとは、信頼関係と一体感を醸成する文化風土的ソフト構造のスタイルとビジョン、戦略、データ等を駆使し、効率化の指標でマネジメントするハード構造の管理技術的なスタイルの二律背反的要素の融合が不可欠です。以下、概念構成図(平井、国際教育学会)を示します。参考にしてください。

Gainen.jpg

トップへもどる
学校法人 大阪初芝学園 初芝富田林中学校・高等学校
〒584-0058 
大阪府富田林市彼方1801番地 
[TEL] 0721-34-1010 [FAX] 0721-34-1090

Copyright (C) Hatsushiba Tondabayashi Junior & Senior High School All rights reserved.