中学校

海外語学研修

異文化交流で世界を体感し、視野を拡げるグローバル教育 & 海外語学研修

異文化に触れ、国際人としての一歩を踏み出す

アメリカ西海岸、カリフォルニア州ロサンゼルスでの海外研修では、ホームステイや現地の大学寮での生活の他、スポーツ観戦など、様々なアクティビティを通して異文化に触れ、自由と個性を大切にするアメリカならではの気風を肌で感じることができます。初めは言葉や生活様式に戸惑う生徒もいますが、同時に驚きや好奇心も生まれ、帰国する頃にはすっかりアメリカの生活に慣れています。
授業で学んだ英語を試し、ホストファミリーと生活を共にし、グランドキャニオンの雄大な自然を目の当たりにすることで、これまでの自分の考え方や価値観を見つめ直し、視野を拡げ、未来をたくましく生きる国際人としての一歩を踏み出します。

異文化を肌で感じるプログラム

ホームステイで培うコミュニケーション力

研修の半分以上がホームステイとなっており、生徒たちは1人もしくは2人でホストファミリーの家に滞在します。初めはうまくコミュニケーションがとれるか心配に思う生徒も、一緒に買い物に出かけたり、ハロウィンを体験したりするうちに、次第に家族の一員として、英語を使って心を通わせることができるようになります。

大自然を見つめ、自分を見つめる

平成28 年度の海外研修では、グランドキャニオンの雄大な景色を夕方と朝の2回見ることができました。初めて経験する大自然に感動し、自分とは何なのだろうか、自分には何ができるのだろうかと考えるきっかけとなりました。

スポーツ観戦で体感するアメリカ文化

研修を通じて、様々なアメリカの文化に触れることができます。ラスベガスでは噴水ショーなどを見学し、その迫力に圧倒されます。中でもスポーツ観戦では、アメリカの人たちが熱狂し観戦する様子に、アメリカの文化を強く感じることができます。

スケジュール(平成28年度行程)

素晴らしい出会いに勇気をもらいました

私は海外研修を通じてたくさんのことを学びました。その一つが素晴らしいホストファミリーとの出会いです。最初は不安もありましたが、英語を話そうと挑戦することが一番大切だと思いました。完璧な英語でなくても、知っている語を並べて話すだけでも、分かってくれた時の喜びはとても大きかったです。このような貴重な経験を経て、自身の視野が広がったことを感じた海外研修は、とても素晴らしいものとなりました。

高校1年 大塚 乃愛さん

グローバル教育「英語教育の取り組み」

グローバル教育「英語教育の取り組み」

01.エンパワーメントプログラム

オックスフォード大学やケンブリッジ大学などの大学・大学院生や、東大や京大に留学中の海外大学・大学院生との交流を通じて、英語力や表現力を向上させ、将来へのビジョンを高める4 日間のプログラムです。中学3 年生から高校2 年生までで5 〜 6 人の小グループを作りディスカッションやプレゼンテーションを行い、自分の意見を述べる力をつけます。また希望者は、大学生のホストファミリーとなることもできます。

02.英検への挑戦

英語運用力の定着を確認する指標として、本校では多くの生徒たちが英検に挑戦しています。
準会場として実施し、教員による、生徒それぞれの力に応じた細やかな指導を行っています。
その成果として、昨年度は日本英語検定協会より「カナダ大使賞」が贈られました。

03.ネイティブの先生による授業「国際理解」

中学1年生から3年生までの間、ネイティブの先生による授業が週1 回行われています。少人数授業なので、自然と英語を話す機会も多く持つことができます。生徒たちは、3 年生で行われる海外研修、ホームステイなどで、英語を使って意思疎通がしっかりと行えるよう、意欲的に発言することを心がけています。

トップへもどる
学校法人  大阪初芝学園 初芝富田林中学校・高等学校
〒584-0058 大阪府富田林市彼方1801番地  [TEL] 0721-34-1010 [FAX] 0721-34-1090

Copyright (C) Hatsushiba Tondabayashi Junior & Senior High School All rights reserved.