人間力を形成するしつけ教育

しつけ教育を通して、当たり前のことを当たり前にする大切さを学びます。
人とのかかわりの中で自らを律し、思いやりの心をもって行動できる子どもを育てます。

はつ小のしつけ教育3つのポイント

POINT01

生活目標の三原則
「挨拶・歩く・後始末」

人と人がつながるために欠かせない「挨拶」。お互いの安全を守るための気配りとしての「歩く」。一つひとつの行いにけじめをつけるための「後始末」。人との関わりにおいて極めて大切なこの三原則を“当たり前にできる”ことを目標にしています。

POINT02

「自問清掃」で育む
「がまん・親切・創造力」

一言もしゃべらずに、つらいことも進んでしようとすることで磨かれる「がまん」の心。言葉を介さないからこそ気を働かせることで生まれる「親切」の心。学校をさらに美しくするために工夫を凝らすことで育まれる「創造力」。日々の清掃を通じ、自分に問い続け、人として大切な3つの心を磨きます。

POINT03

公徳心を身につける通学指導

本校には、登下校で公共交通機関を利用する児童が多くいます。これは、公徳心を身につける絶好の機会でもあります。日々の学級指導、全校的な登下校コース別の指導、個別指導、下校での見回り指導などで、公共マナーについて粘り強く指導を続けています。

しつけ教育の実践内容

  • 校内あいさつ運動

    虹の会談前では、児童会役員や4年生以上の学級委員の子どもたちが、「校内あいさつ運動」をしています。夏の日差しが照りつける中でも、冬の寒風が吹き付ける中でも、子どもたちの元気な「おはようございます」という声が1日の始まりを明るくしてくれます。

  • 自問清掃

    自問清掃は、子どもたちの自主性を育むためのものでもあります。自問清掃では「褒める」ことも「叱る」こともしません。「褒められたいから」「叱られたくないから」という自分の外からの動機ではなく、「頑張りたい」「きれいにしたい」という内からの動機を大切にしています。