中学校

卒業生からのメッセージ

「卓球と勉強の文武両道をめざして」

立命館大学 法学部 1年生

佐伯 慎一さん

立命館大学に進学するという明確な目標のもと、初橋に進学しました。卓球部に所属していて忙しかったので、通学時間を有効利用して勉強をしていました。部活動に忙しくて勉強が大変な時もありましたが、先生が熱心に教えてくれたので、文武両道で頑張りつづけることができました。現在は夢だった立命館大学に入学し、法学を学びながら卓球も続けています。高校のときのように文武両道を目指して頑張ります。

「早朝テストが学力アップにつながりました」

大阪府立大学 地域保健学域 4年生

福原 稚弥さん

患者の急変時に迅速に対応できる知識と技術を身につけた看護師を目指し、大学で老年看護について学んでいます。高校時代は、試験勉強を一生懸命頑張りました。特に毎日の早朝テストで得た知識は、授業や課題、試験において自分のためになったと思います。毎日の積み重ねがあったので、試験前に内容をもう一度覚えなおす時間が省け、苦手分野に力を注ぐことができました。みなさんも勉強は怠らず、学校生活を大切に毎日楽しんで、初橋で多くのことを学んでください。

「人として大切なことを学べた」

和歌山大学 経済学部 1年生

尾崎 雄大さん

高校時代はボランティア活動をおこなう「インターアクトクラブ」に所属し、募金活動から海外研修まで幅広く活動したことが印象に残っています。初橋では、勉強に一生懸命取り組むだけでなく、社会に出てからのことや、人として大切なことを多く学べたと思います。これからは、大学で経済学を専攻しながら、外国語、経営学、簿記、法律学など幅広く学んでいきたいと思います。多様化し続ける社会に対応できるよう、さまざまな分野の知識を身につけることが目標です。

「勉強とサッカーを両立」

徳島ヴォルティス 所属
関西学院大学 社会学部 卒業

井筒 陸也さん

プロサッカー選手として、徳島ヴォルティスに所属しています。初橋には、サッカーで全国大会の出場を目指して進学。主将だったため、部員への影響力を保ち続けるために勉強と部活の両立を頑張りました。大変でしたが、理解ある先生方が親身になってサポートしてくれました。私の人生はサッカーにより導かれ、自らの強い意志で多くの選択をしてきました。みなさんも自分の人生と向き合い、考え、進路やその先の夢を選択してください。

「時間を大切にし、計画的に勉強」

全日本空輸株式会社 勤務
東京大学大学院 工学研究科 卒業

庄路 陽紀さん

初橋に入学直後、担任の先生に「大学受験まで3年を切っているので、1分も無駄にはできない」と教えられ、常に時間、受験を意識して勉強に励みました。定期テスト前も計画的に勉強し、すべての科目で最高の結果を出すことに力を注ぎました。現在は旅客機の副操縦士として、国内線のフライトに乗務。チームで協力・信頼し合い、安全で快適な運航を行うことにやりがいを感じます。今後は知識や技倆、判断力を高めて機長に昇格し、乗務することが目標です。

「初橋で身についた、あいさつと勉強の習慣」

タイヤメーカー 勤務
大阪市立大学 商学部 卒業

堀野 晴佳さん

初橋では、毎日の早朝テストで基礎学力がついただけでなく、コンスタントに努力する習慣をつける練習になりました。また、学校内ではあいさつをする文化が根付いています。あいさつは社会人の基本で、必ずできなければいけません。初橋で過ごした6年間で身についた自然とあいさつをする習慣は、社会に出てからも役立っています。現在はタイヤメーカーの原価管理部に勤務しています。今はまだ研修中ですが、多くのことを吸収し、広い視野を持った社会人になりたいです。


トップへもどる

学校法人 大阪初芝学園 初芝橋本中学校高等学校〒648-0005 和歌山県橋本市小峰台2丁目6番地の1 [TEL] 0736-37-5600 [FAX] 0736-37-0210

〒648-0005
和歌山橋本市小蜂台2丁目6番地の1
[TEL] 0736-37-5600 [FAX] 0736-37-0210


Copyright(C) Hatsushiba Hashimoto Junior & senior High School All Rights Reserved.