学校概要

建学の精神・沿革

初芝橋本中学校高等学校では、生徒と教職員がともに夢を持ち、それを強い志に高め、その実現に情熱をもって挑戦しています。
校訓は「誠実剛毅」です。誠実とは人や物事に対して正直であること。人の気持ちを考えて行動できることです。現代の社会は、組織やネットワークで成り立っています。その中で、人の役に立てる、人の意欲を引き出せるリーダーになってほしいと思います。
剛毅とは意志が強く、少々のことではくじけないありさまです。社会の荒波に立ち向かっていくために、進んで心身を鍛え、困難に打ち勝つ気力を養うことが大切です。

そして、もうひとつ「自ら学ぶこと」を教育目標としています。授業やさまざまな活動を通じて、「知識」や「技能」を修得するだけでなく「自分で課題を見つけ、探求し、解決できる力」の育成にも重点をおいています。

また、教育をさらに進化・充実させるため、中学校に「プレミアム・立命館セレクションコース」と「アドバンスコース」を設置しております。
高等学校は「Premium course(国公立コース)」、「Ritsumeikan course (立命館コース)」、「Advance course(総合進学コース)」を設置しております。

小学生・中学生のみなさん、また保護者のみなさま、ぜひ学校に足を運んでいただき、設備や環境、在校生の表情、授業の様子など本校の雰囲気を直に味わってください。教職員一同ご来校をお待ちしています。

建学の精神・校訓

誠実剛毅

誠実剛毅を校訓とし、剛健な体力を練り、自治と責任を重んじ、謙譲と礼儀を尊ぶ人格の形成を図り、急速に国際化・多様化する現代社会に即応できる優れた人材を育成する。

大阪初芝学園の教育理念

「夢と高い志、挑戦、そして未来創造」

を、教育理念に掲げ、夢と高い志を強力な原動力とし、夢を育み、具現化する前向きな行動力の現れである挑戦、そして豊かな未来を創造する。

沿革

1991年 4月1日 初芝橋本高等学校開設
初代校長に岩田公人就任
1991年 5月5日 初芝橋本高等学校開校式挙行
創立記念日と定める
1995年 4月1日 初芝橋本中学校開設
1997年 4月1日 第二代校長に松本重郷就任
2003年 4月1日 第三代校長に河田英宏就任
2008年 4月1日 第四代校長に江口昌一就任
2009年 4月1日 第五代校長に上里昌輝就任
2011年 10月27日 初芝橋本高等学校開校20周年記念式典挙行
2014年 4月1日 第六代校長に飯田昌彦就任
2020年 4月1日 第七代校長に安田悦司就任
2021年 4月1日 第八代校長に佐本一晃就任


トップへもどる