中学校

立命館コース

難関国公立大学進学を見据え、徹底的に学力向上を目指すコース

立命館と連携した教育を早期からスタート。
生徒一人ひとりに最適な進路を実現します。

立命館大学や立命館アジア太平洋大学(APU)への推薦入学がある本コースでは、キャンパス見学や授業体験、学生との交流も行います。大学や大学院での学びを視野に、「社会や学問への関心と知識」「資料の収集・分析の能力」「プレゼンテーションのスキル」「留学も可能な英語運用能力」などの育成に力を入れます。

1年次に立命館大学の3キャンパス(衣笠、びわこ・くさつ、大阪いばらき)を、2年次には立命館アジア太平洋大学を訪問し、大学生や大学院生との交流などを通じて学部や進路について学び、将来の学部選択のイメージを膨らませます。進学学部決定後は入学前学習講座を実施し、時間を有効活用します。

コースのポイント

POINT01
縦割り学習で学ぶ「立命館ミーティング」

大学や大学院での学びを視野に「社会や学問への関心と知識」「プレゼンテーションのスキル」などの育成を図るため、学年の枠を越えた縦割り学習を実施。勉強の仕方や考え方のアドバイスも行います。

POINT02
検証試験と大学入学前教育

立命館への推薦入学には3年次に「立命館学習到達度検証試験」が課せられます。進学決定後は、卒業までの時間を有効活用し、英語集中講座や理系特別プログラム、立命館からの推薦図書の講読などに取り組みます。

POINT03
推薦入試と特別奨学生制度

専願制の推薦入試と特別奨学生制度(専願のみ)があります。条件など、詳しくはそれぞれの募集要項をご覧ください。

進路指導

Student's voice

立命館合格を目指して、勉強に取り組んでいます。

中学2年の時、「将来は立命館大学に進学したい」と思った際、初橋に立命館コースがあることを知り、受験することを決めました。また、平日の7限8限の時間割を決められる「進プロ」と、土曜の1限~3限の時間割を決められる「スタサタ!」を知り、とても自由度の高い学校だと思ったことも決め手になりました。立命館コースの取り組みとして衣笠キャンパスを訪問したのですが、大学生のみなさんが活気にあふれていて、立命館への思いがさらに強くなりました。今後も目標に向かって勉強に取り組んでいきます。

OBOG's voice

真面目に誠実に取り組む大切さをクラスメイトから学びました。

立命館コースでは、クラスメイトと3年間とても充実した時間を過ごし、ただ仲が良いだけでなく勉強では良きライバルとしてお互いを高め合うことができました。そして、何ごとも真面目に誠実に取り組むことの大切さを学びました。毎日の授業、テスト、学校行事など、みんなが全力で行っていたので、自分も自然とがんばろうという気持ちになりました。大学生になってレポートをパソコンで作成して提出しているのですが、高校時代からパソコンを使う機会が多くあったので、PowerPointやWord、Excelの操作に慣れていることは、とても役立っています。また、今何をすべきかを自分で考えて行動できるのは初橋での主体的な学びのおかげだと思っています。

入試関連情報

トップへもどる