学校法人 大阪初芝学園 初芝立命館中学校・高等学校

私立高校生等就学支援推進校

〒599-8125 大阪府堺市東区西野194-1 TEL:072-235-6400(中学校)/072-235-3900(高校)

学校長挨拶

学校長

田端 明雄

「時代の変化と新しい教育の創造」

今、社会は少子高齢化、情報化、グローバル化などを要因として急速な変化を遂げており、とりわけ、コンピュータの発達とそれに伴う情報・通信、AI、ロボットなどの技術の進展は、我々の生活を大きく変化させています。人間が行っている仕事の多くが、こうした技術に置き換えられることは、数年前までは予測として語られていましたが、そうした事態はもはや予測や可能性ではなく、既に始まっていると言えるでしょう。
 このような時代にあって、将来を担う子どもたちには、AIや機械に使われるのではなく、それらを使いこなすスキルを身に付け、世界を相手に創造力を発揮していくことのできる資質・能力を身に付けていくことが必須となっています。学校もまた、こうした生徒を育てていくため、時代の変化を敏感に感じ取り、新たな状況に即応した教育を創造していかなければなりません。
 初芝立命館中学校・高等学校では、このような時代の変化に対応し、教育改革にいち早く取り組んできました。教科指導としては、アクティブラーニングを取り入れた授業や実験を重視した理科授業、ネイティブ教員による英語授業、電子黒板やタブレットなどICTを活用した授業などが行われています。教科外の取組としては、中学校では全員参加のカナダ研修、高校では海外修学旅行を実施しており、さらに、生きた英語を学ぶ海外留学や海外語学研修プログラム、大学での学びを実感する高大連携プログラムなど、生徒の成長を支える様々な教育活動を展開しています。また、大学入試改革に対応し、高校では4技能5領域をカバーする英語授業を全面的に展開しています。
 それは、旧来型の知識を覚え込ませることを主体とした教育ではなく、獲得した知識を生かして新たな課題を見つけ、その解決に取り組んで行こうとする創造的な人間を育てる教育であり、広く海外に目を向け、他国の人たちと積極的にコミュニケーションを図り、協働してことを為し遂げようとする意欲を持った人間を育てる教育です。
 初芝立命館中学校・高等学校は、大きく変化する時代の流れの中にあって、未来に生きる生徒の豊かな成長をめざし、日々、新たな教育の創造に取り組んでいます。

Copyright (C) Hatsushiba Ritsumeikan Junior & Senior High School All rights reserved.