プログラミング的思考の育成

公式や解法パターンを覚えるのではなく、プログラミングソフトを使い、
道筋を立てて課題解決に取り組みます。
子どもたち自身の気づきを導き、学ぶ楽しさを養います。

ICT機器のスキルを活かしたはつ小のプログラミング的思考3つのポイント

POINT01

思考を視覚的にとらえる

ICT機器を活用しアニメーションを使って、課題をイメージします。

POINT02

視覚的にとらえた理解を
論理的に表現する

子どもたちの思考を具現化し、イメージを子どもたち自身の気づきから引き出します。

POINT03

考える楽しさを知る

道筋を立てて、じっくりと課題に取り組みます。