探究心を刺激するはつしばサイエンス

自然や科学の事象になぜ?どうして?不思議?と心ひかれて探究を深めようとするとき
「科学する心」が育ちます。本校では1年生から科学的活動を取り入れ
6年間を通して「科学する心」を育んでいきます。

はつ小のはつしばサイエンス3つのポイント

POINT01

好奇心を育てる

実験や観察などを通して理科に親しむことで、子どもたちは自然や科学の事象に対して、「なぜ?」「どうして?」と自分で考える習慣を身に着け、探求を深めようとします。そうした知的好奇心は、科学の枠を超えて、全ての学びへの意欲をかきたてる力を育みます。

POINT02

勇気をもって
新しいことに挑戦する

科学を通して、失敗してもいいから勇気をもって、新しいことに挑戦する子どもたちを育てます。

POINT03

想像力を育む

実験や観察など、探求を深める活動では、五感で感じる活動であると言えるでしょう。見る、ふれるなど五感と言われる、直接的な体験を磨き、自然を把握する能力、つまり想像力を育みます。

6年間のはつしばサイエンス

子どもの気づきを大切にした学習の流れ

※空気に関する単元の例です

  1. 1年 空気を感じよう
  2. 2年 風の力を動力に
  3. 3年 空気と水の性質
  4. 4年 空気を温めると(冷やすと)
  5. 5年 ものの燃え方
  6. 6年 動物の体の動き(呼吸)

Topic

エネルギー教育モデル校(経済産業省)に採択されました。(H26~H31)