建学の精神・沿革

建学の精神

校訓

誠実・剛毅

「誠実・剛毅」を校訓とし、剛健な体力を練り、自治と責任を重んじ、
謙譲と、礼儀を尊ぶ人格の形成を図り、知・徳・体の調和のとれた全人教育を目指す。
この校訓のもと本学園は創立されました。

はつしば学園小学校教育理念

個性を大切に「きく」からはじまる、はつ小の学び
学び合い、高め合い、未来につながる教育

はつしば学園小学校教育目標

創造を基盤とする高い学力を養い、強い体と粘り強い心を培い、人間形成の基礎となる豊かな情操を身につけ、未来へ羽ばたく子どもを育成する。

育てたい児童像

  • 多様な人々との共生・協働の道を探求し、社会で活躍できる子ども
  • 社会の変化に柔軟に対応できる素地を持つ子ども
  • 人間形成の基盤となる豊かな心を持つ子ども
  • 夢を抱き、その実現に向けて取り組もうとする知的エネルギーを持つ子ども

目指す学校像

  • 受験に対応できる学力を育み、内部進学から難関国私立中学校まで幅広い進路選択が可能な学校
  • 個性を大切にし、将来社会に出て必要とされる様々な力の基礎を育む学校

校章

校章

はつしば学園小学校 校章(マーク)の由来

[彩色]空と海の色を表すブルー
はつしば学園小学校のアルファベットの頭文字「h」を、
子どもが元気に前向きにかけていく姿にデザインし、
その中に、飛躍のシンボル「若葉」を組合せ、
生き生きと成長していく子どもたちを表現しています。

はつしば学園小学校の沿革

平成15年4月
はつしば学園小学校を開設
東留博孝が校長に就任
平成17年6月
プール竣工
平成20年4月
緒方雅諭が校長に就任
平成22年4月
志磨和雄が校長に就任
平成22年5月
小学校専用グラウンド完成
平成24年4月
小山久子が校長に就任
平成29年4月
加藤 武志が校長に就任

大阪初芝学園

大阪初芝学園2023基本構想

学校法人大阪初芝学園は、2017年に将来構想として「2023基本構想」を策定いたしました。さらに、その具体化を進めています。

学園は、
「夢と高い志、挑戦、
そして未来創造」

の理念のもと、
社会に貢献し
世界で活躍する創造的な
人材の育成をめざします。

大阪初芝学園の取り組み

大阪初芝学園は、世界で活躍できる「創造的な人材」の育成と教育を通して社会に貢献することをめざし、はつしば学園小学校をはじめ「初芝立命館中学校・高等学校」「初芝富田林中学校・高等学校」「初芝橋本中学校・高等学校」「はつしば学園幼稚園」「初芝スイミングスクール」を運営する学校法人です。2008年には学校法人立命館と提携し、21世紀を担う人材の育成に力を注いでいます。

  • 国際社会の持続的・平和的進歩への貢献。
  • 人類社会の進歩と福祉社会の発展への貢献。

学園は、園児・児童・生徒の学びと成長を大切にした学校園づくりを進め、初等中等教育および幼児教育を担う「総合学園」として大阪・和歌山の地域に貢献します。